健康

愛犬のためのドッグフードの作り方

大量に販売されているドッグフードは、とても種類が豊富で栄養素もバッチリの優れた商品が数多くあります。
とても手軽でワンちゃんも良く食べてくれるドッグフードですが、今このような市販のドッグフードではなくて、食材を飼い主が購入して愛犬のために一からご飯を手作りする方が増えているようです。
これは、ドッグフードの安全性を疑問視する方、アレルギーなどの健康上の問題などがあるようです。

他にも飼い主さんが愛犬に愛情を注ぐためや、少食のワンちゃんになんとかたくさん食べてもらいたいなどの理由もあるようです。
人間と一緒に暮らしているペットのワンちゃんは、自分で食事を選ぶことはできないので、飼い主さんが責任と愛情を持って与えてあげることが一番なのですね。
愛犬のためにドッグフードを手作りするときには、人間とは違うので、気をつけることがいくつかあります。

味付けに関しては、ワンちゃんには、人間よりも味を感じるセンサーが少ないために、基本的に必要がありません。
食材そのものの味だけでもワンちゃんは喜んで食べてくれます。
香辛料などの刺激物はワンちゃんには刺激が強すぎるので、これは必ず避けて下さい。

また塩分に関しては、必要ないとの考えもあるのですが、ワンちゃんも生きていく上で少しは必要です。
人間のように汗をたくさんかかないワンちゃんですが、水分補給さえしっかりとできていれば、余分な塩分はおしっことして排泄されるので、それほど神経質にならなくても良いようです。
ただし病院で塩分が制限されているワンちゃんには塩分なしの食事を心がけましょう。

味噌や醤油、お酢などの調味料をワンちゃんの手作りドッグフードに使用する場合には、アルコールや化学調味料、保存料などの添加物が使用されていない良質のものを選ぶこと、そして量はあくまでもほんの少しで充分です。
またネギ類や生の貝類、チョコレートやぶどうなどのワンちゃんの中毒症状が起こる可能性が高い食品なので、ワンちゃんが食べないように充分な注意が必要です。
手作りのドッグフードだと喜んでたくさん食べてくれるワンちゃんがいますが、カロリーオーバーは肥満へと繋がりますから1回にあげるドッグフードの量には十分に気をつけてください。

こちらには、市販のドッグフードの平均価格が載っているサイトがあります。
最近では、手作りでなくても良質な商品もたくさん売られていますのでこちらの価格帯を参考にして選んでみてはいかがでしょうか?

Copyright© 2011 愛犬の健康のために必要なこと All Rights Reserved.