健康

ドッグフードの原材料と安全性

可愛いワンちゃんの主食となるドッグフードは、実は食品扱いをされていないのです。
日本ではドッグフード入れる材料の規制がないために、どんなものを入れようと基本的に表示をする義務がありません。
2009年にドッグフードの安全法が施行されたものの、あまり現状には変化がないようで、かなりの粗悪品も数多く出回っているようです。

原材料とその安全性を考えるとドッグフードを値段だけで選ぶことはとても危険があることなんです。
ホームセンターなどではドッグフードが10キロで2000円くらいで購入できるのですが、これだけ安くドッグフードが購入できるのは、粗悪な原材料が使用されているからなんですね。
事故死したお肉、病死したお肉、さらには鶏肉の羽などや家畜の糞と尿なども一緒に入っているのす。

ウイルス感染した動物、ガンにかかったその部分のお肉までもがドッグフードには使用されているのですから驚きですね。
また使用された野菜も残留農薬のチェックなどももちろんされていないでしょう。
ですが、ワンちゃんの栄養素がしっかりと配合されている理由は、あとから栄養分となる化学薬品を添加しているからなんですね。

では、このような粗悪な材料が使用されていない安全性の高いドッグフードとは、どんなものなのでしょうか。
原材料にこだわったドッグフードはこちらでも解説されていますが、肉は抗生物質や成長モルモン剤などが投与されずに飼育された良質ものもであることや、正真正銘の無添加であること、残留農薬の検査が行われていること、などがあげられます。
このような安全性の高い、高品質のものは、もちろんどうしても値段もグンと上がってしまいます。

ですが、人間が食べられないのはもちろん、相乗以上の粗悪な原材料が使用されたドッグフードを選ぶことは現実を知ったらもう購入できないですよね。
ホリスティックフード、プレミアムフードと呼ばれているドッグフードであれば、ワンちゃんにも安全です。
ペットショップや通販などでの取扱になっているので、値段とも相談しながら選んでみてくださいね。
こちらには世界最高レベルのドイツ産ドッグフードが紹介されています。
ドイツはペットフードに対してもとても厳しい検査を行っている国なので、ドイツ産の商品で粗悪品はほぼゼロに等しいです。

Copyright© 2011 愛犬の健康のために必要なこと All Rights Reserved.