健康

体に良くておいしいドッグフード

可愛いワンちゃんのために体に良くてそしておいしいドッグフードを選んであげたい、これは飼い主さんであれば、誰もが思っていることですよね。
でも店頭には種類豊富なものが並んでいるので、一体どれが理想的なドッグフードなのか、分かりませんね。
やはりそこで参考にするのが、テレビのCMや広告で頻繁に目にするメーカーのドッグフードです。

しかし有名なメーカーで自然派素材、完全無添加などと表示されているドッグフードであっても質の悪い原材料が使用されたドッグフードはたくさんあり、飼い主さんが詳しい知識を持っていないととても本当に良いドッグフードを選ぶことができないのが現実です。
では一体どんなものを選べば良いのでしょうか。
ドッグフードの質の良い悪いはやはり原材料によって決まります。

製造方法や保存方法にいくらこだわっていたとしても、肝心なのはやはり使用されている原材料です。
この一番肝心な原材料が質が劣っていたり、添加物がたくさん使用されているのであれば、決して選ぶべきでありません。
ドッグフードのパッケージには原材料の表示があるかと思いますが、ここを見て、ある程度の良し悪しが判断できます。

まず成分表示が出来るだけきめ細かく表示されているか、肉副産物や、肉骨粉、肉粉が使用されていないか、が大きなポイントになります。
また鶏肉や大豆、とうもろこしが原材料として使用されていないことや、合成調味料や着色料、香料などの合成添加物などが使用されいないこともポイントです。
そしておススメなのは、ビタミンCや天然ビタミンEが添加されているもので、これは良い意味での酸化防止と品質保持がされている証拠です。

他にも水分量の多いセミモイストタイプのドッグフードは、酸化や腐敗しやすいものなので、合成保存料や添加物がたくさん配合されている可能性が高いので、避けた方が良いでしょう。
このようにワンちゃんの体に良くておいしいドッグフードを選ぶためには、いくつかのポイントがあるので、飼い主さんがしっかりとまずは知識を身につけることが大切です。

こちらには、仔犬向けのドッグフードと老犬向けのドッグフードが紹介されています。
成犬用はこちらhttp://www.villageofwoodsong.com/seikennyou.htmlにあります。
愛犬の年齢に合わせてドッグフードを変更していくことで、いつまでも健康にいさせられるのでわんちゃんのライフステージに合わせたドッグフード選びをしていきましょう。

Copyright© 2011 愛犬の健康のために必要なこと All Rights Reserved.