健康

ドッグフードの賢い選び方

愛犬の健康を保つためには、毎日食べるドッグフードを飼い主が賢く選んで与えてあげることが大切です。
様々な種類があるドッグフードは、一見どれも同じようにも見えますが、実は犬の種類や年齢によって、最適なものがあるんです。
特にワンちゃんを飼い始めた方は、その選び方が分からないと頭を悩ませてしまっているかもしれませんが、ワンちゃんのために、ぜひドッグフードのことを調べて、賢く選んであげて下さいね。

まずドッグフードには、牛や羊、鶏肉などの、実にさまざまな種類の動物、そして大豆やとうもろこしなどの植物がミックスされて加工されて作られています。
この中には、ワンちゃんにとって必要な栄養素がほぼ全て補えるように作られています。
しかしながら、ドッグフードの原材料に関しては、安全基準などがしっかりと整備されていないのが現状です。

人間であれば、食べることが禁止されているような動物の部位や食材、さらにケガや病気などで処分されたような肉が加工された肉骨粉がドッグフードに使用されてることもあるのです。
このように一見どれも同じように見えるものですが、実際に使用されている原材料は、飼い主がしっかりと見極めないと危険なものがたくさんあるのです。
原材料に充分に気をつけることが必要なことは、私達人間と同じことで、できるだけ良い素材、添加物の使用されていない安全なものを選んであげたいですね。

またドッグフードには、対象年齢によって分類されていたり、その形状によってもタイプ別に分かれています。
ドッグフードの形状について、ここでは少し触れてみますね。
まず缶詰入りのウェットタイプhttp://www.centralohiogoodshepherds.com/subun.htmlにドライタイプ、
さらにセミモイスト(半生タイプ)のタイプのドッグフードがあります。

ウェットタイプは、缶詰入りなので保存性が高く、嗜好性が高いのでワンちゃんの食付きがいいですが、値段も高価になります。
ドライタイプは、最も一般的なドッグフードで、腐りにくいので保存性が良いですが、ワンちゃんの食付きが今ひとつなこともあるようです。
セミモイストタイプは、他2つの中間のタイプで、適度な水分があるので保存が難しいために、一度に食べきるタイプです。
ドッグフードにはいくつかの種類がありますが、かわいい愛犬からおかわりをねだられたりしてついついあげすぎていませんか?
おやつのあげすぎが原因の場合もありますが、太らせてしまうと様々な病気にかかりやすくなってしまいます。
太らせてしまった時は、私たちと同じようにダイエットを行う必要があります。
ダイエット用ドッグフードという通常のタイプよりも低カロリーの種類がありますので、そういったタイプに切り替えてあげましょう。
いきなり切り替えてもなかなか食べてくれないと思いますので、http://dogfood.tokyo.jp/agekata.htmlにかいてあるように今まであげていたものに少しずつ混ぜていき徐々に切り替えていくと良いでしょう。

▼一回にあげるごはんの量はこちら


Copyright© 2011 愛犬の健康のために必要なこと All Rights Reserved.