健康

穀物不使用ドッグフード

近頃穀物不使用ドッグフードが増えてきているようです。
これはワンちゃんのアレルギー対策によるものが大きい理由となっているようです。
ワンちゃんにとっての主食は、お肉ですので、小麦やとうもろこしなどの穀物を一切食べなくても問題はないのです。

食物アレルギーを起こすワンちゃんが増えているのですが、そのアレルゲンとなっている食材は、穀物だけではありません。
小麦やとうもろこしを始め、大豆や牛肉、チキンなどのたんぱく質でもアレルゲンとなることがあります。
これらの食品は、ドッグフードにはよく配合されているものばかりなので、アレルギー症状が出たワンちゃんは、アレルギー対策用の穀物不使用のドッグフードなどがおススメになります。

また人工着色料や酸化防止剤などの添加物もワンちゃんのアレルギーの原因になるので、これらの添加物にも注意が必要です。
本来であれば、犬はベジタリアンではなくて肉食動物ですので、高タンパク、低炭水化物の食事に適した体となっています。
お肉を食べるための大きく開く口や噛んで細かく切り刻むための尖った歯などは、まさに肉食動物としての特徴なのですね。

また犬の唾液には、消化酵素が含まれておらず、人間には含まれている炭水化物の分解を助けるアミラーゼが含まれていないのです。
ですから、ドッグフードに含まれている小麦やとうもろこしでアレルギー反応を起こすワンちゃんが多いのですね。
ワンちゃんにとって最も適した食事とは、良質なお肉がたくさん含まれている高タンパク低炭水化物の食事です。

多くのドッグフードには、穀類が使用されていて、良質のたんぱく源と謳っていますが、実際には、ワンちゃんにとって炭水化物のたんぱく質は、とても消化しにくいものなのです。
穀物不使用ドッグフードがワンちゃんの消化吸収をスムーズにするためには、理想的なドッグフードと言えるのですね。
通販サイトでも穀物不使用ドッグフードがたくさん販売されてますが、値段もかなり良いものが多いようです。

Copyright© 2011 愛犬の健康のために必要なこと All Rights Reserved.