健康

ドッグフードは何からできているの?

スーパーやホームセンターなどで大量に販売されているドッグフードには、一体どんなものが配合されているのでしょうか。
可愛い愛犬の健康を保つためにも、毎日食べるドッグフードの安全性はとても気になるところですね。
そのメイン素材となっているのは、お肉ですが、それ以外にも小麦粉やとうもろこしなどの穀類や野菜なども配合されています。

肉の質も商品によって実にさまざまで、人間でも食べられる食材が使用されているものから、とても人間が食べられないような危険性が高い肉が使用されたものもあるのです。
現在の日本の法律では、ドッグフードの原材料に対して規制を行ってないので、どのような材料であっても基本的には利用できるのです。
病死した鶏肉や豚肉などの粗悪な材料が使用されていたり、それをごまかすための添加物が大量に配合されていたりするのです。

愛犬の元気な毎日のために最も重要なドッグフードですから、このような質の悪いものは選びたくないですよね。
そこでドッグフード選びをどうすれば良いのでしょうか。
そこで一番簡単な方法が値段で選ぶということです。

安いドッグフードには、やはりそれなりの安い理由があるのです。
ドッグフードのメインになる食品はたんぱく質であるお肉なのですが、このお肉が少なく小麦やとうもろこしが多かったり、または使用されているお肉が粗悪なものであるドッグフードは値段も安いのです。
添加物や保存料はドッグフードには必ず使用されているのですが、ラベルを見ても記載されていない商品もあります。
これらの添加物もしっかりと書かれている商品の方が信頼できる商品と言えるのです。

またドッグフードのラベルのトップにはメインの材料が表示されているのですが、大豆ミールと表示があれば、要注意です。
大豆とあるので健康に良さそうですが、これは大豆の絞りカスで、栄養分は全くない消化にもワンちゃんの悪いものです。
このような知識を飼い主さんが身につけることで、可愛いワンちゃんの健康が保たれるのですね。
ドッグフードを選ぶときの基準にすると良いところがこ知らに載っていますので、是非こちらを参考にして選ぶようにしてください。

Copyright© 2011 愛犬の健康のために必要なこと All Rights Reserved.