健康

食物アレルギーをケアするドッグフード

人間でも食物アレルギーで悩む方が増えていますが、ペットのワンちゃんのなかにも食物アレルギーがたくさんいるようです。
犬を飼っている方で、ワンちゃんの食物アレルギーで悩む方も増えているようで、食物アレルギーをケアするためのドッグフードもたくさん販売されるようになりました。
ワンちゃんの食物アレルギーになりやすい食材としては、小麦粉やとうもろこし、さらに大豆や牛肉、そして着色料や防腐剤などの合成添加物などがアレルギーの原因となります。

もともと肉食であるワンちゃんは、質の良いたんぱく質をメインにあげることが大切です。
安いドッグフードには、大豆などの植物性のたんぱく質が使用されていることが多く、市販のドッグフードの7割ほどがこの植物性のたんぱく質で作られているようです。
また小麦粉やとうもろこしがメインで使用された安価なドッグフードも多いようですが、この小麦はワンちゃんにとっては、最も食物アレルギーの危険がある食材です。

ワンちゃんには小麦に含まれているグルテンを消化するための酵素を持っていないからで、体内で完全に小麦が消化されないために、アレルギー反応を起こしてしまうのです。
牛肉や鶏肉などの、ワンちゃんが食べる機会の多い動物性のたんぱく質もアレルゲンになりやすいので、注意が必要です。
食物アレルギーをケアするドッグフードのなかには、ワンちゃんのアレルゲンになりにくいとされているお米や魚だけを原料に限定したドッグフードがあったり、お肉のなかでもアレルゲンとなりにくいラム肉や鹿肉をメインに使用したドッグフードなどがあります。
アレルギーの症状としては、耳の痒みだったり、毛並みや皮膚の調子が悪くなったり、下痢になったり、フケがたくさん出るようになります。
ダニや細菌などによるアレルギー反応とも似ているので、すぐに食物アレルギーと断定することはできないのですが、ワンちゃんにこれらの症状がでた場合には、食物アレルギーを疑って、食物アレルギーをケアするドッグフードに変えて様子を見てあげましょう。
ドッグフードの与え方はしっかり頭に入れておきましょう。

Copyright© 2011 愛犬の健康のために必要なこと All Rights Reserved.