健康

低アレルギーのドッグフード

最近では、小さいお子さんを中心にしてとても多くの方がアレルギーの症状に悩んでいるようですね。
これは人間に限ったことではなくて、ペットであるワンちゃんにもいろんなアレルギーがあります。
ワンちゃんのアレルギーの原因は、大きく分けると食べた食事による食物アレルギーと、環境によるアレルギーがあります。

それぞれのアレルギーの原因によって、現れてくる症状も異なるのですが、一般的に皮膚が赤くなったり、フケがたくさん出てきたり、下痢をしたり、痒がったりなどの症状が出てきます。
環境によるアレルギーの場合には、飼い主がワンちゃんのお部屋を清潔に保ってあげたり、シャンプーを無添加のものに変えたり、などの環境を改善することで、ある程度は改善することができます。
食物アレルギーの場合には、まずそのワンちゃんのアレルギーの原因となっている食べものを特定することが必要になります。

それが分かればそのアレルギーの原因となっている原料が使用されていないドッグフードを選んで食べさせることで、症状が出るのを避けることができます。
ワンちゃんがアレルギー反応を起こしやすい食べものは、小麦粉やとうもろこし、牛肉や大豆で、さらに人工着色料や酸化防止剤などの添加物にアレルギー反応を起こす事もあります。
しかしながら、市販されているドッグフードには、実にさまざまな原材料が使用されているので、どの素材にアレルギー反応が出たのかを特定するのはとても困難でもあります。

またワンちゃんのその日の体調によっても、同じものを食べても反応が出る場合とそうでない場合があります。
食物アレルギーが出たら、全く食べさせないのではなくて、少しづつ食べさせて免疫を付けることで、改善される場合もあります。
ワンちゃんにとって比較的低アレルギーとされている食品は、ラム肉や魚、野菜、良質のお肉などになります。

反対に小麦に含まれているグルテンを消化するための酵素を持っていないワンちゃんは、アレルギー反応を起こしやすい食べ物です。
消化の良い食生活が大切ですので、アレルギーが出たら、低アレルギーの原材料が使用されているドッグフードに変えてみて様子を見てあげましょう。

Copyright© 2011 愛犬の健康のために必要なこと All Rights Reserved.