健康

長期保存が可能な冷凍ドッグフード

ドッグフードはとても種類が豊富で、どれを選べば良いのか迷ってしまいますね。
犬の種類や月齢によってもその種類が分かれているので、、飼い主さんは、自分の飼っているワンちゃんのために、ドッグフードの知識をある程度身につける必要がありますね。
最近は冷凍のものもあります。

多くのものはドライフードになっていますが、これは、水分含有量をできるだけ少なくすることで、腐敗するのを防止するためです。
しかしできたてのものを冷凍することにより、ドライフードにしなくても長期保存が可能になるのです。
またできたてのものを急速冷凍することによって、防腐剤や保存料などを添加しなくても細菌が繁殖するのを防止できます。

食べるワンちゃんもドライタイプのものよりも、冷凍の手作りドライフードの方が食付きが良いようです。
少し肥満ぎみのワンちゃんにも冷凍のドッグフードはおススメで、その理由は、水分を多く含んでいるので、たくさん食べたように見えても実はドライライプのものよりもカロリーは少なめなのです。
ドライタイプのドッグフードは、少しの量で、犬が必要とするカロリーや栄養素を摂取することができますが、満足感があまり得られないのです。

冷凍のドッグフードであれば、カロリーは少なめでも、量的な満足感はドライライプのドッグフードよりも高いので、食事制限などをしなくてもダイエットが自然とできるのですね。
冷凍のドッグフードは、作り方もとても簡単で、基本的にどれも電子レンジでチンするだけでワンちゃんにあげることができます。
電子レンジを使用しなくても、お鍋で湯煎すれば出来上がるので、とても手軽にできることも飼い主にとっては嬉しい事ですね。

また冷凍のドッグフードであれば、ワンちゃんが好きなものを足してあげたり、味付けを少しだけ変えたりなどのアレンジがしやすいことなどのメリットもあります。
ドライライプのドッグフードばかりでは、味気ないし、でも毎日手作りするのは面倒、そんな時に冷凍のドッグフードはピッタリですね。


Copyright© 2011 愛犬の健康のために必要なこと All Rights Reserved.