健康

ドッグフードの善し悪しは原材料で決まる

ドッグフードの種類はとてもたくさんあって、その値段も大きな違いがありますね。
また子犬用や老犬用、アレルギー犬用や肥満犬用など、そのワンちゃんに適したドッグフードがあります。
しでも良いものを愛犬に与えてあげたいと思うものですが、ではそのドッグフードの善し悪しというのは何で決まるのでしょうか。

それはなんといっても使用された原材料で決まります。
製造方法や保存方法、パッケージなどにこだわりがあったとしても、メインの食材となるお肉や穀物などの原材料が粗悪なものであったり、添加物が大量に添加されているのであれば、それは良いドッグフードとは言えませんね。
飼い主さんは、愛犬のドッグフードを選ぶさいには、
原材料を調べることhttp://www.letthemserve.com/mun.html
パッケージの表示内容を確認することhttp://www.mikidog.jp/2.htmlがとても大切なことになります。

チェックポイントとなるのは、まず成分表示が細かく記載されていることです。
肉副産物や肉骨粉、肉粉などが使用されているドッグフードは注意が必要です。
またBHA、BHTなどの酸化防止剤や防腐剤が使用されていないことや、プロピレングリコール、ホルマリン、トコフェロールといった合成保存料が添加されていないことも重要なポイントになります。

ドッグフードの値段は、このような原材料や添加物などによって決まるので、やはり高価なドッグフードであるほどに高品質な原材料が使用されています。
ワンちゃんにとって、良い原材料とは、チキンや豚、ラム肉などの動物性のたんぱく質です。
小麦粉やとうもろこしなどの穀物類は安いですが、ワンちゃんにとって消化が悪い素材です。
ドッグフードにはランクがつけてあり、最も一般的なドッグフード、無添加ドライフードのプレミアムフード、さらに人間でも食べられる素材だけが使用されたホリスティックフードがあります。
無添加のドッグフードのメリットがこちらに載っています。
毎日ワンちゃんが食べるものですから、値段も気になるところですが、だからこそ、使用された原材料が良いものを選んであげたいですね。
外国産の中には良質なドッグフードで有名な国の商品もありますが、輸入品の注意点というのがあるようです。
どのような注意点なのかはhttp://www.netbaza.net/yunyuuuhinn.htmlに詳しく解説されていますのでご覧ください。

Copyright© 2011 愛犬の健康のために必要なこと All Rights Reserved.